teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 椎茸

 投稿者:管理人  投稿日:2011年11月20日(日)23時43分13秒
返信・引用
  > No.54[元記事へ]

ISOさんへのお返事です。

>  2週に渡った光泥団子作りも、子どもたち(お母さん方も)の笑顔同様に輝いて完成してよかったです。

光る泥団子改に挑戦中です。
その1は、まあまあの結果です。
その2の材料を発注しました。
正統光る泥団子、教育旅行のメニューにできると思うのですが、
下田のなまこ壁と併せて、下田の海砂、後半部分なら2~3時間メニュー。
バーナーやレンジを駆使すれば、雨天メニューでもOK
と思うのですがいかがでしょうか?
>
>  さて、先日、眠れる椎茸が最近目覚めたという話を聞きましたが、今日、我が家の椎茸を見たらありました。しかし、気づかなかったために・・・。これは、食べられるのでしょうか?
我が家のものと同種だと思います。
我が家は食しています。
 
 

椎茸

 投稿者:ISO  投稿日:2011年11月20日(日)16時47分36秒
返信・引用
   2週に渡った光泥団子作りも、子どもたち(お母さん方も)の笑顔同様に輝いて完成してよかったです。

 さて、先日、眠れる椎茸が最近目覚めたという話を聞きましたが、今日、我が家の椎茸を見たらありました。しかし、気づかなかったために・・・。これは、食べられるのでしょうか?
 

Re: スノーケリング

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 9月 2日(金)23時07分5秒
返信・引用
  > No.52[元記事へ]

ISOさんへのお返事です。

> 今回も、しっかりした指導者の下、楽しい活動となりましたね。
本当にいい指導者、講師に恵まれていますね。
こんな活動をずっと続けられるように
今後もご協力よろしくお願いいたします。

サイトをまとめていて、また終わってから気がつきました。
記念撮影です。
せっかくウェットスーツ等でしっかり決まったところを
みんなで撮影すれば良かった!
次回のサーフィン講座の時は、私が忘れていたら言ってくださいね。
 

スノーケリング

 投稿者:ISO  投稿日:2011年 9月 2日(金)22時44分58秒
返信・引用
  今回も、しっかりした指導者の下、楽しい活動となりましたね。
そして、笑顔がいっぱいだったのですが、マスクの下で写真が撮れるかなと思っていたのですが、うまく撮れていてよかったですね。
海の下の様子は、天候等条件が悪かったですね。
飛び降りのパラパラ動画は楽しいですね。本場の?河童橋で若者が飛び降りてるのを見ましたが、やはり子どもの顔になって楽しんでいました。
 

ちょっと違うかな?

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月20日(土)07時06分42秒
返信・引用
  題名からするとちょっと違うようです。
あちらは手書きのようでした。
でもこちらにもちょっと興味があります。
こちらの蝕歯に届けることが出来るのですか?
 

お探しのものは

 投稿者:  投稿日:2011年 8月19日(金)21時43分25秒
返信・引用
  画像のものでしょうか?
『広域地質構造調査報告書 伊豆地域 昭和62年3月』
以前にはあるサイトからDLできましたけど、サイトを見つけることができませんでした。もしかすると、レンホーちゃんの仕分けで特殊法人が統廃合されたためかもしれません?
ご入用でしたら、来週以降に蝕場においておきますけど。
片面150ページ 両面印刷でしたら半分ですみます。
当然、バラせるように綴じてあります。
 

Re: 今年は、沈は??

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月16日(火)01時18分32秒
返信・引用
  ISOさんへのお返事です。

> 決定的瞬間ではありませんが、直後の写真です。
隣で保護者が撮っていたような・・・・・

> 大損害を出してしまったようですが・・・。
防水機能を過信してはいけませんね。
次回はしっかり防水策を講じておきます

> この後私も少し滑りましたが、やはり難しいものです。
体重の軽い子どもの方が安定しているようですね。
もう少し練習をしなければダメですね。

> 天気がちょうどよく、沈以外は万事OKでした。
2度あることは、と言います。来年は気をつけなければ・・・・

やはりカヤックはシングルで自分が漕がなければどうにもならない、そんな経験をもっと子どもたちにして欲しいですね。
 

今年は、沈は??

 投稿者:ISO  投稿日:2011年 8月15日(月)18時49分29秒
返信・引用
  決定的瞬間ではありませんが、直後の写真です。
大損害を出してしまったようですが・・・。
この後私も少し滑りましたが、やはり難しいものです。
しかし、海に出てしまえば実践あるのみ!理屈ではありません! と実感します。
本当に子どもたちの大進歩に本当に驚きました。
天気がちょうどよく、沈以外は万事OKでした。
 

Re: 大室山火山ウォッチング

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 7月18日(月)00時49分56秒
返信・引用
  > No.46[元記事へ]

ISOさんへのお返事です。

熱い人からは熱が伝わってきます。
電脳の講師をお願いしている人たちは、みんなその熱を持っている人たちだなあと
今回も感じました。

しかし次回は、しっかり季節も考えます。
これ以上脳みそが蒸発すると・・・・・
 

大室山火山ウォッチング

 投稿者:ISO  投稿日:2011年 7月17日(日)21時48分50秒
返信・引用
  とても暑い日で、水筒の水も無くなり、脳みそが蒸発していました。
元気な子どもたちや熱心なお母さんを見習わなければいけませんでした。
今回の活動のアップで、まとめを読んでしっかり復習させてもらいました。
暑い中も平気な斎藤先生の熱いおもいも感じながら・・・。
いつでもいい地層が見られる場所がないか気をつけている姿勢も見習いたいものです。
 

レンタル掲示板
/7